にへって笑える日がすきだ。

ちいさなしあわせがたっくさん詰まっている、そんな毎日がいい。よそ見しながら生きていこう。【書籍化が夢♡】

りゅうちゃんは女好き

ダンナさんとお散歩に行った時に、ちょうど同じく公園を散歩中のわんさんがいたんですよ。

私の大好きな和犬。

f:id:mochico-lover:20170325011351j:image

名前は「りゅう」ちゃん。

凛々しいねえ!かっこいいねえ!

ほんのひと時もカメラ目線なんてくれないよ。ちょっともじっとしてられないのが、自分家で飼ってた「あお」ちゃんを思い出す。おバカな子ほど可愛い!

 

りゅうちゃんに、ひと通り構って貰ってから、飼い主のおじさんに「ありがとうございました!」とお礼を言って、去る私たち。

可愛かったねぇ!とご機嫌なもちこさん。

広い公園ですので、その後もぺちゃくちゃ喋りながら散歩を続けていました。

 

しばらくして、ふと芝生の向こうを見やると…制服を着た女の子2人が踊っていました。まぁ辛辣極まりない言い方しちゃうと、学芸会レベルの可愛いヤツ。

←私は恐ろしくリズム感がないので…ダンスが必須とかの今の時代に生まれなくて良かった!と心から胸を撫で下ろしているよ。

それはいいとして、遠目で見る感じ、遊んでいるね。多分、スマホの機能を使って。動画を撮って、再生して、ゲラゲラ笑って…。微笑ましいね。

 

なんと!ギャラリーがいるじゃないの。石になったようにどっしり座り込んで見入っている男が。

f:id:mochico-lover:20170325011335j:image

りゅうちゃんじゃん!

↑この写真は、最初の出会いの時のものですけど。

ぶんぶんと尻尾をぶん回しながら、仲間になりたそうにじっと見ている。(←ドラクエ風)

女の子たちは自分らが楽しいから、りゅうちゃんの事なんて気にしない、どーでもいい。最初は「犬じゃーん!」なんて言ったんだろうけど、あまりにも長い時間見てるもんで、相手にしなくなった…と思われる。

 

可哀想なのは、おじちゃん。

いかつい無口なおじちゃんだったんだけど。

何となく硬派っぽい。

トラック野郎みたいな(勝手なイメージ)。

遠くから見ると、女子高生に見入るおじちゃん…みたいな構図なんだよね。すっげー引っ張ってんだけど、りゅうちゃんの事。

でも、ビクともしねーの。

そういえば言ってたわ、そのおじちゃんがさっき。少ない口数の貴重な一言を。

「こいつ、女好きなんで落ち着きがない」と。

それは、私を前にいっときもじっとしてないハイテンションなりゅうちゃんを語った、重みのある一言。

いまも、女の子2人を前に…

鼻の下伸びまくってんだろうな。