にへって笑える日がすきだ。

ちいさなしあわせがたっくさん詰まっている、そんな毎日がいい。よそ見しながら生きていこう。【書籍化が夢♡】

中間管理職に捧ぐ本

何を隠そう、私は中間管理職。

ずーーーっと接客業をやっているけど、お客様に向き合うよりもスタッフと向き合う事に全力を尽くすべしべし、みたいな役割だよね店長って。

店長って、あくまでも自分の店だけの責任者だから、会社に所属してると、その上にグループだったりエリアだったり部門だったり、もっともっと大きな括りがある。だから中間管理職。

 

そんな店長(に限らない中間管理職の皆々様)最近は新人類を一人前に育てるのに、てんやわんやじゃない?

私は少なくとも彼らに対してビックリする事が多い。自分の常識は他人の非常識、なんて言葉もあるように、え!非常識なの私の方???って自信なくなる突飛な事がいっぱいです。

そんなあなたに、おすすめの一冊!

 

さとり世代のトリセツ

さとり世代のトリセツ

 

 

評価は高めにつけたい。
★★★★☆(星4つ)

 

残念な部分をあげるとしたら、せっかくのネタたちを面白く料理できてない部分かな。
85パターン以上の「あるある〜〜(^◇^;)」ネタがあるならば、私なら100以上のブログ記事にするもんな(笑)だから、もったいない〜〜と思っちゃうわけですよ。

 

そもそものスタンスが「腹が立つけど、諦めましょう。だってサトリ世代ですから」という書き方なのが、ちょっと彼らをバカにしちゃってるかな。

それが彼らの個性であって、中間管理職はそこを何とかしなきゃいけないんでしょうよ(^◇^;)

 

ちょっと聞いてよ…って腹を立てて愚痴るより、なぁなぁ!ちょっと聞いたって!ウチの新人くん、面白いコトしてくれたよ!って余裕を持っていたいよね。

彼らのフォロー(カバー)は大変ですが、しっかりとやり遂げた時には「私…すげぇ!」って自分がスゴイ人に思えてくるからオススメ(笑)

 

例えば…1つ目のサンプルに「出社時間がギリギリ」って、ホントあるある(^◇^;)事例なんだよね。

10時出社で10時数分前に店にくればいいでしょ?という考え。ねえ、制服に着替えないの?着替える時間は?って事は、実際に仕事始められるの、何分かなー?10時ちょうどにお客さんが来てたら、困ったね?どうするよ?みたいな事を、噛んで含めるようにわかりやすく説明すんの。考えさせんの。

途方に暮れちゃいけないよ。

そっかーーー!と、その子が真に理解してレベルUPしたら…それは、私がすごいの(笑)

…やり甲斐、あるでしょ?

 

そんな仕事をずーっとやってます。

今の店舗はベテランさんが多くてつまらんよ(笑)やりやすいけど、達成感が…という贅沢な悩み。あと3、4ヶ月したら、またきっと活きがいいのが飛び込んでくんじゃね?

あ、活きが良くて突拍子がないのは、男の子に多いよ。女の子は基本的に真面目だし、大人しいし、道を外さない常識ある子ばっかりだから、あんまり女の子に向かって「これだからゆとりは…さとりは…」って言わんでやって(^◇^;)