にへって笑える日がすきだ。

ちいさなしあわせがたっくさん詰まっている、そんな毎日がいい。よそ見しながら生きていこう。【書籍化が夢♡】

さすがにその勇気はない

今日は美容院に行ってくる!

美容院…で思い出した話がある。今日もそうなんだけど、基本的に美容院に行くのは「ガラッとイメージを変えたい」衝動が大きくなった時。

 

今日の私は、髪の長さはあまり変えないでパーマをかけてもらうつもりなんだけど、あともう一つのイメチェンは、ショートカットにする事だよね。

そういう時は、もうホントにズバッと行ってもらって構わないんだけど、美容師さんってやけに消極的じゃね?

(最近気づいた。女性美容師さんの場合は、結構ズバッてくれるな。自身でも物足りなかった経験あるのかな)

 

もう本当にイメージとしては、剛力彩芽ちゃんとか大竹しのぶさんくらい行っちゃっていいと思ってるのに(伝えても)これくらい?これくらい?と指をハサミに見立てて鏡越しに伺ってくれるのは、これは…ボブっていう長さじゃないの?まあいいや、やってみてくださいなそれで、って仕上がったらやっぱり物足りない…でも、今さらやり直して貰うのも悪いからな…って物足りないまま終わっちゃうパターン。

そうすると、そこ行かなくなるしね…。もう長らく美容院ジプシー。本当に気に入ってた美容院って、ひとつしかない。

担当してくれた人が独立して、大都会に行っちゃって追っ掛けられないわ、私は田舎者なので…なんてやってたら、私も引っ越したりして、そこである理由がなくなっちゃった以来かな。

 

ある時、じゃあここにしようかな!って飛び込みで入った美容室。

1人で運営してるっぽいけど、こじんまりとした清潔感がある感じなのが「いいな♪」と思ってお願いしてみたんです。

その時は短くする事は決めてたけど、イメージが全然なかったので(剛力彩芽ちゃんまだ世に出てないw)雑誌を見せてください、とお願いしました。その時に、短くしたいのでメンズの雑誌もいいですか?って頼んだんだよ。

そしたら、美容師のおじさんはOK!と、ちょっとなよっとした感じで快く雑誌を4冊見繕って、テーブルにドサっと置いてくれた。

 

…え?今なよっとしてた?小指立ってなかった?あれっ?そーゆー人なのかな、えっとそーゆー人だった場合、問題あるかな?いや…ないかな。うん、大丈夫だろう。

雑誌をパラパラめくりながら、ものすごい勢いで考えちゃった。しかし、女の子雑誌のショートって…うーん、こんな感じなんだよなぁ。

あれっ?メンズ雑誌頼んだんだけど…4冊中3冊が女の子雑誌でガッカリしていたら。

最後の1冊で、吹いた。

f:id:mochico-lover:20161224105119j:image

…そりゃねーわ。