にへって笑える日がすきだ。

ちいさなしあわせがたっくさん詰まっている、そんな毎日がいい。よそ見しながら生きていこう。【書籍化が夢♡】

その可愛さは反則です

毎朝、雨が降っていなければ、私は地元の駅まで30分以上をかけて歩きます。

お仕事の帰りは疲れ果てちゃって、いつも車でダンナさんにお迎えに来て貰うんですけどね。

 

さて今日も、てくてく歩いていました。

f:id:mochico-lover:20161116221245j:image

けやきの並木道がイイ感じに色づいていて、朝のピリッとした空気にイイ感じにマッチしています。 

そこに散歩中のわんことお姉さん。

走って私のことを抜かして行きました。

 

わんこ、大好きーーー!!!

特に和犬が好き。

もうね!もりもりおしり振りながら、いいペースで私のことを抜かして行きましたよ。たまらんですよ!!

私は彼?のおしりから目を離せずに、にまにましてる変態な感じだったろうと思います。ごめんなさい。

 

私を抜かしたあと、彼…生理現象。

う◯この方ね。

お利口さんな事に、道の端っこに寄ってから、私におしりを向けたまま、ぷるぷると踏ん張り始めたんです。

お姉さん、颯爽とビニール袋とスコップを取り出して、なんと!う◯こが地に着く前に受け止めて、さっとビニール袋に入れたんです。すごい早業で私は感心しました。

 

ビックリしたのは、わんこです。

ふぃー!出たぁ(≧艸≦)y って、満足げに振り返ったらブツがないじゃないですか。

あれーーーっ???

かわいそうに、くるくるとその場を回りながら、必死に自分のう◯こを探しまくるわんこの可愛さにココロがついていけない。

萌え死にそう…

でも私だっていやだ。自分がしたう◯こが行方不明になるとか恐ろしい!!!

f:id:mochico-lover:20161125135205j:image

お姉さんに「ほら行くよ!」なんて、リードをくいってやられて、しょんぼり諦めるわんこを、力いっぱい抱きしめたくなりました。

 

今日はいい日だね!

よし、頑張るぞ!!!