読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にへって笑える日がすきだ。

ちいさなしあわせがたっくさん詰まっている、そんな毎日がいい。よそ見しながら生きていこう。【書籍化が夢♡】

本題に行けない

電車で通勤している人は、一度くらい皆さん経験があるんじゃないかと思うんだけ…

Σ(oдΟ;)っっっ!!!

うわぁ!今ものすごい間違いを冒した!ビックリするくらいハマった…消すのが勿体ないくらい。だから今日のネタにしよう(笑)

 

私のアイポンiPhone)ちゃんでの入力は、キーボード入力なんですけど。私、フリック入力できないんですよね。なんか上下左右を、ものっすごい早さで操作してる人のこと、つい宇宙人見るような目で見ちゃうわー。

f:id:mochico-lover:20170123142051j:image 

経験があるんじゃないかと思うんだけ「ど」

(do)って入力しようと思ったら、お隣りの(fo)押しちゃって、こんなトコ間違えるなんて思ってないから、あれよあれという間に「変換」キーまで押しちゃって、懐かしいギャグになっちゃった。

「思うんだけフォー」ってね。

おいおい、ハードゲイかよ!と自分自身にツッコミ入れつつ、これっくらいじゃ動じないぜ!と光の速さで「×」(消去)キーを押したつもりが、その上の「ー」を連打しちゃってて、結果…誠にご機嫌なハードゲイになっちゃったっていう!

 

思うんだけフォーーーーー!!

f:id:mochico-lover:20170123142545j:image

おばあちゃんのことば

今日は、ちょっとリップを赤めにしたので、唇の輪郭がいつもよりくっきりはっきり。ダンナさんに「どーよ?」と聞いてみた。

f:id:mochico-lover:20170119230014j:image

そしたら「おぉ、べにが…」と言ったので「紅がって…きみはおじいちゃんか!」と軽くツッこんだ後、懐かしい思い出が蘇ってきた。

 

6年生の夏休みだったかな。

身体が少しずつ「オトナ」に近づきつつ、そしてそんな自分に恥じらいつつ、それは何かいけないことのような…そんな甘酸っぱい思春期だよね。

 

そろそろ、アレが欲しかった。

でも気持ち的には、出来れば欲しくないっていうか…でもなかったら現実問題、困っちゃうっていうか…そんなアレだった。ワタシ的には。

「お母さん、買って」

照れ臭くって、そんなの言えない!

 

学校の長期休み、おじいちゃんおばあちゃんが九州に住んでいたので、初日から最終日までそこで過ごす事が、小学1年から我が家のキマリだった。関東から九州に一人で行って、一人で帰ってくるの。

たかだか10日あまりの冬休みでさえ、全部ぶち込まれてたからね(笑)ほんとウチの親は、子供(私)が鬱陶しかったんだろうなぁ(笑)

 

その6年生の夏休み。

ばあちゃんになら頼める!と思った私は、スーパーに行った時に、意を決してばあちゃんに頼んでみた。

ばあちゃんばあちゃんあのさー、欲しいものがあんだけど!

子供だからね、クソ生意気な感じの言い方になっちゃうよね、しょーがないしょーがない。

なんね?しょーもないもんは買わんよ?

しょーもなくないよっ!来てっ!こっちこっち!

ばあちゃんの袖口を引っ張り、婦人下着売り場に連れて行く。「ブラ」「ブラジャー」言葉にするなんて無理!そう、そろそろブラが欲しかったんだ。

そこでばあちゃんが放った単語が。

なんね!もちこは乳バンドが欲しいと?そんなん、お母さんに頼めばよかろーもんに。

 

乳!

バ!

ン!

ド!!!

「マンガ」を知った時

むかし話

電車の広告を見ていたの。

「なっつかし〜〜!!」と、きゃあきゃあ言いたくなる昔の少女マンガの主人公たちがポスターで笑顔を振りまいていてだね。

私、これ全部知ってる!

f:id:mochico-lover:20170113205752j:image

250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE | 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

 

私は、とてもマンガが好きだ!…った(笑)現在進行形にしたい所だけど、全然読めてない今、それはできない。

そんな私の一番すきなマンガは、8年以上ずっと変わらない。これからも変わらないし、完結まで絶対に買う!! 

ばらかもん(1) (ガンガンコミックスONLINE)

ばらかもん(1) (ガンガンコミックスONLINE)

 

 

せっかくなので、1巻のリンク貼っておきますね。おすすめなので、是非読んでみて下さい。

 

私は「りぼんっ子」だったさ。

これは男性なら、ジャンプなのかサンデーなのかマガジンなのか、の派閥ですね。

女の子は、りぼんかなかよしか、ちょっと読者は少なめになるちゃお?

私の月刊マンガ(読む)デビューは遅めだった。両親が割と厳しくて、このりぼんだって、お小遣いで買い出したのは、小学校5年生くらいじゃね?

そんな私ですが、実はその前にコミック(読む)デビューは、親に隠れてこっそりしてた。

人の好い親戚のおばちゃんを騙くらかして(笑)これを買わないと学校で仲間ハズレにされちゃうの!でも、お母さんが買ってくれないから…って、しょんぼり顔して(これ得意)ため息。

しょうがないわね、お母さんに内緒よ!どれなの?と、泣き落としが思いがけず成功した私は、うっひょい!本屋さんで読んだ事もないコミック達を前にワクテカ

 

「マンガ」は知ってた。学習系のマンガとか、日曜新聞の…何だっけ、チッチとサリーのヤツ(笑)あれだけを楽しみに見てたから。

でも、目の前は本当にマンガ!!

表紙どれも可愛くて、目がハート。

早く選ばないと、おばちゃんの機嫌が変わるかも!焦って手に取ったのは、続きモノの3巻。

ときめきトゥナイト (3) (りぼんマスコットコミックス)

これだったわー(笑)

わくわくして読み始めたけど、頭の中はハテナ?がいっぱい。…なんか、途中なんだけど???みたいな。

そりゃそうよね、3巻だもん。

私、甘やかされ慣れてなかったから、たまーにあるこういううっひょい時に、大抵過ちを冒すね(笑)

 

一番上のポスター画像のTOKYOの下にいる黒髪の女の子「蘭世」が、この3巻の表紙の女の子だよ。

ときめきトゥナイトは、3世代の話だけど(冷静に考えたら、すごい話だ)その1代目の蘭世編が、一番!ときめくぜ。間違いないわ。

私が泣く場所、決まってるんだけど…今でも泣ける自信あるもんね。歳、とったけど…

とまぁ、マンガっていくらでも語れる。

ときめきトゥナイトだけで、内容アリならまだまだ行ける(笑)けど、やめとく。そういう場所じゃないからね。

 

なんか1枚のポスターから、すっげー「ほっこり」懐かしくて、にへっとしちゃった!

やっと、忙しさも一段落。

今日もお疲れ様でした!

初夢ではないけれど…

私は一体、何を考えてんだ?

なんかアホだなーって思った!

 

ダンナさんは割と眠りが浅くて、私がトイレとかで目覚める(とは言いがたいけど)時には、大抵覚醒してんだよね。

そのダンナさんから聞いたんだけど、昨夜の私は「トイレっ!」と宣言して、むくっと起き上がってトイレに行った後、布団に潜り込む時にまたしてもワケのわからん事を言っていたらしい。

申し訳ないよねー。

ツッコミどころ満載の意味不明な事を言うもんだから、真相は闇の中状態で寝なきゃいけないとか!気の毒すぎる。

私だったら、相手の首をガクガクして「どーゆー意味だー!」って聞かずにいられないだろうな…と思う。

 

昨日の私は「いま大変なの」「トキオに太鼓叩かしてあげなくちゃ…」「私が今から頑張って…」というような感じだったらしい。

例によって、ぜんっぜん覚えてないですけど、私の性格からして予想がつく感じの展開のコトバです。

 

トキオは、普通にジャニーズのTOKIOでいいと思う。別に全然、知り合いでも何でもないですけどね。

f:id:mochico-lover:20170105110521j:image

多分ですけど、TOKIOが太鼓を叩きたがっているんですよ。でも、何らかの障害があって叩けない。それを私が(何故っ!)どこかと折衝をして彼らの願い(太鼓を叩きたい)を叶えてあげなくちゃ…という所でしょう。

 うん、だから私の仕事はマネージャーじゃないですよね。イベントプロモーターでもないし、ただのセラピストです。

 

もっちゃん、夢の中でいっつも頑張ってるよね(笑)とダンナさん、にっこり。

 

確かに…大変!大変〜〜!と、しょっちゅう無駄に頑張ってるかもしれん。でもね、大した事ないんだわ(笑)

今回もそうだけど、怖い・恐ろしい・痛い・嫌われるのは、ノミの心臓には耐えられないので、絶対に見ない。

稀に、災害系の夢とか血が流れるような夢も見るけど…それを画面ごしに見るとか、大変そうな人にアドバイスするとか、そんな感じ(笑)ヘタレ全開だねっ!

くじ運ねぇなー

あけましておめでとうございます。

2017年もにへっと笑える毎日に、していきたいなーと決意新たに!初ブログです。

 

このお正月、大きな買い物をしまして(10万円超)普段使わない額なので、ガクブルなんですけどもう。

欲しいものっていうか、仕事で必要なものだから、ちゃんとしたものを買おう!と決意したら、こうなっただけで。あーまた仕事がんばろ…って感じの正月だったんですね。

で、お正月だったので商業施設で買い物額に応じて(5000円毎)豪華景品が当たるくじ引きがあったんですよ。そりゃもう、わくわくさ!だって!何回引けますか。

特賞は2種類。19型テレビとPS4(ゲーム機)でした。そんで、その下が和牛セット。その下がカタログギフト。あとは布カバンかブランケットが末等で、ハズレがお菓子…って書いてあったわけですよ。

ダンナさんと並びながら、きゃー!って言ってました。ねぇねぇ!テレビとPS、どっちがいいかなぁ?どっちが当てるかな!うーん、もっちゃん(私)の方がくじ運良さそうだし、もっちゃんじゃない?えー私…どうだろー(≧艸≦)y

当たる気満々だよね。

だって、みんな何回かしか引けない中、私たち20回以上引けるんですよ!当たるでしょ。

f:id:mochico-lover:20170103211802j:image

…うん。ビックリするくらいキャラメルだった!20個超のキャラメルだった!歯にくっつくし、いらないね。お菓子って、キャラメルかよー。せめて飴ちゃんにしとこうよ…。

くじ運ねぇなー。

あけましておめでとうございます。

中間管理職に捧ぐ本

何を隠そう、私は中間管理職。

ずーーーっと接客業をやっているけど、お客様に向き合うよりもスタッフと向き合う事に全力を尽くすべしべし、みたいな役割だよね店長って。

店長って、あくまでも自分の店だけの責任者だから、会社に所属してると、その上にグループだったりエリアだったり部門だったり、もっともっと大きな括りがある。だから中間管理職。

 

そんな店長(に限らない中間管理職の皆々様)最近は新人類を一人前に育てるのに、てんやわんやじゃない?

私は少なくとも彼らに対してビックリする事が多い。自分の常識は他人の非常識、なんて言葉もあるように、え!非常識なの私の方???って自信なくなる突飛な事がいっぱいです。

そんなあなたに、おすすめの一冊!

 

さとり世代のトリセツ

さとり世代のトリセツ

 

 

評価は高めにつけたい。
★★★★☆(星4つ)

 

残念な部分をあげるとしたら、せっかくのネタたちを面白く料理できてない部分かな。
85パターン以上の「あるある〜〜(^◇^;)」ネタがあるならば、私なら100以上のブログ記事にするもんな(笑)だから、もったいない〜〜と思っちゃうわけですよ。

 

そもそものスタンスが「腹が立つけど、諦めましょう。だってサトリ世代ですから」という書き方なのが、ちょっと彼らをバカにしちゃってるかな。

それが彼らの個性であって、中間管理職はそこを何とかしなきゃいけないんでしょうよ(^◇^;)

 

ちょっと聞いてよ…って腹を立てて愚痴るより、なぁなぁ!ちょっと聞いたって!ウチの新人くん、面白いコトしてくれたよ!って余裕を持っていたいよね。

彼らのフォロー(カバー)は大変ですが、しっかりとやり遂げた時には「私…すげぇ!」って自分がスゴイ人に思えてくるからオススメ(笑)

 

例えば…1つ目のサンプルに「出社時間がギリギリ」って、ホントあるある(^◇^;)事例なんだよね。

10時出社で10時数分前に店にくればいいでしょ?という考え。ねえ、制服に着替えないの?着替える時間は?って事は、実際に仕事始められるの、何分かなー?10時ちょうどにお客さんが来てたら、困ったね?どうするよ?みたいな事を、噛んで含めるようにわかりやすく説明すんの。考えさせんの。

途方に暮れちゃいけないよ。

そっかーーー!と、その子が真に理解してレベルUPしたら…それは、私がすごいの(笑)

…やり甲斐、あるでしょ?

 

そんな仕事をずーっとやってます。

今の店舗はベテランさんが多くてつまらんよ(笑)やりやすいけど、達成感が…という贅沢な悩み。あと3、4ヶ月したら、またきっと活きがいいのが飛び込んでくんじゃね?

あ、活きが良くて突拍子がないのは、男の子に多いよ。女の子は基本的に真面目だし、大人しいし、道を外さない常識ある子ばっかりだから、あんまり女の子に向かって「これだからゆとりは…さとりは…」って言わんでやって(^◇^;)

勉強になりました

f:id:mochico-lover:20161225000230j:image

昨日は、美容院に行ってきたんです。はじめての場所にねっ!とある大手の検索サイトの地域トップ店に行ってみたんだよ。

口コミ数も評価も断然に高くて。

ウチのお店も同じ検索サイトを利用しているから、大人気のお店っていうのは、どんな感じなんだろう!!!という、とてつもない期待感(≧艸≦)y うわー、楽しみぃ!!!

 

15:30予約で、美容院に着いて扉を開けようとして、見えた景色に躊躇したよね。…何だろう、間違えてパーティ会場に来ちゃったのかしら?私…みたいな。

狭いお店に、20人ほどのお客さん。何よりビビったのは、受付ソファーにてるてる坊主(施術中って事)状態が3人。え…こんなトコで待たされんの?

 

15:30に事前予約していたにもかかわらず、私が案内されたのは1時間後。その間、怒って帰っちゃったのが2人。怒って順番前倒しして貰って、私の前に入ったのが1人。

もう、私としても…ネタにするしかない(笑)から、観察しまくってた。もう二度と行かないしねー。

 

何よりドキドキしてたのは、てるてる坊主状態で1時間放置されてたお兄さんとか、席に案内されてから何もされずに30分放置されてたお姉さんとか、髪を染めて時間を置くにしても、置きすぎじゃねぇ?っていう状態のお姉さんとか…あっちこっちにいるんだよね。

今にも誰かがブチ切れそうで、店内の緊張感が、ハンパなかったんだよ(^◇^;) っていうか、口コミ評価が5ばっかりって、どこをどうやったらそうなるの???

 

今回、私はパーマをかけに行った。

「今日はどうしますか?パーマ?」

「あ、はい。今回、髪の長さは変えないで、イメージを変えたいと思ったので」

「はいはいはい、わかりました。イメージね!じゃ、始めますね!」

って始まったよ(笑)何も打ち合わせずに。すごいよね、ギャンブルだわ。仕上がりのイメージとか、何もない(笑)私ももう、待ち疲れて面倒くさかったし、なすがままだよ。

 

とりあえず…デジタルパーマだけど、今のこの感じ(笑)3日で落ちると思う!間違いない(笑)何度もパーマかけてるから、わかる。

 

極めつけの一言。

これで、今日のブログ行き決定。

 

パーマかけ終わった後に、美容師さんがブローしながら、私に向かって感心するように言ったんです。

へえ!パーマ似合いますね〜〜!

あぁ…ありがとうございます。

うんうん〜〜!!!

最初はどうなるかと思ったけど。

すごい似合います!!!

 

 

 

え。最初はどうなるかと

…思ったの?